セメント系固化材を中心とした強度試験、杭周固定液・根固め液などの
 一軸圧縮試験を行っております。



計量器の名称 油圧式圧縮試験機
型式 ACA-20S
能力 200kN
力指示計 ディジタル表示 
総レンジ数 4レンジ 
製造者名 株式会社 前川試験機製作所 

   



【室内配合試験】
【説明】
スーパーラップルエルニード工法・浅層混合処理工法等の施工に先立ち、次に掲げる
試験項目を実施し、その結果に基づき配合試験を行います。
 
自然含水比:配合決定の際、添加水量を決定するために
湿 潤 密 度:配合決定の際、調整含水比を決定するために
粒 度 組 成:配合決定の際、固化材添加量を決定するために
 
上記試験結果に基づき、固化材特性関係式を用い必要設計基準強度を満たす配合量を
求め、試験練りを行います。 
その際、造成特性を観察し適正添加水量を確認します。(フロー値)
 
所定材令日(σ3、σ7)に一軸圧縮試験を行い配合量を決定します
 
※室内配合試験に関わる土質試験の詳細は次項に記載しております。

   



【説明】
 土に含まれる水分と土(乾燥土)の比を表したものです。試験は、湿潤土の重さを
 量った後、110℃の乾燥機に入れ、乾燥させた後に土の重さを量って、土に含まれ
 ていた水分量を求め、
 水分 / 乾燥土 × 100 (%) の式で求めます。
 土質試験の中では最も基本となる試験です。

   



【説明】
土を分類するために、土の粒径(粒の大きさ)毎にフルイ分け、重量百分率で表します。
大きく分けて、75mm〜2mmまでを 礫(れき)
2mm〜0.075mm までを 砂
0.075mm〜0.005mmまでを シルト
0.005mm 以下を 粘土 としています。

   




      【ノギス法】

       【質量測定】
円柱状に成形した供試体の直径、、高さを  
ノギスで直接測定して体積を求める方法。  
【説明】
湿潤密度は資料や供試体の質量mを、それぞれの方法で求めた体積Vで除して求めら
れます。

   



【説明】
pH値 7 が中性 で、7以下を酸性、7以上をアルカリ性としています。
試験方法は、土に水を加えて混ぜたときの濁水のpHを測ります。
試験結果は、地盤改良の配合を決定する際に使われます。

   

新着情報

2016/5 ホームページ更新
2015/7 水素水サーバー無料レンタル開始
    >>詳細はこちら

関連企業

   株式会社 エルニード東北
 【スーパーラップルエルニード工法】


  株式会社テックコーポレーション
    【水素水サーバー販売】